G-Shock 金具が壊れたので自分でベルトを交換してみた

スピードモデルのG-Shock 金具の部分が壊れて放置していた

金具部分が壊れたGショック

腕時計 Gショックの DW-5600E-1の金具(バネ棒)が壊れてしまいました。映画「スピード」でキアヌリーブスがしていた時計でスピードモデルと言わています。値段は5600系の型番によって違うようですが、私のは時計は購入時5,380円でした。安いのですが、愛着があります。バンド部分が一見交換できないような作りに見えたので、しばらく放置してたのですが、交換できることを知りやってみました。

スポンサーリンク

【バネ棒+工具付】 G-Shock 交換 ベルトを注文しよう

【バネ棒+工具付】 G-Shock 交換 ベルト

交換ベルトですが、純正だと3,000円くらいするようです、そのくらいなら新品購入したほうがよいので、互換性のある880円の安いベルトを注文しました。工具も付いてこの値段はお得。
Amazonで購入できます。→ 【バネ棒+工具付】 G-Shock 交換 ベルト 【互換品】 DW-5600 DW-6900 【サイズ保証付】 時計 修理 バンド Gショック 【Randon】

ベルト交換作業工程

特に説明書などないので、ネットで方法が掲載されていたので参考にしました。
このページがわかりやすい→ 金光堂楽天市場 バネ棒タイプの基本交換方法

Gショックバネ棒はずす

時計本体とベルトの接続部分にバネ棒が見えるので付属の工具など使って取り外します。バネ棒本体をずらして穴からはずします。

Gショックベルトはずす

うまく外れました。

Gショックバン外れる

汚れがすごい

Gショックバネ棒はずす

もう片方がバネが錆びてるのか、うまく外れない。強引にペンチで引っ張って外しました。バネ棒が曲がっています。ペンチなど使うときはバネ棒の穴を広げないように注意しなければなりません。

Gショックベルト交換

次はあたらしいベルトを取り付けます。バネ棒を差し込んで時計本体にはめ込みます。先ほどと逆の作業です。

バネ棒差し込み

工具を使ってバネ棒の頭を押し込んで差し込みます。バネ棒が飛んで行ってしまい何度か床を探すハメになりました。

ベルト交換

細かい作業で難しい。一度あきらめそうになりましたが、なんとか取り付けできました。両方取り付け完了。試しに引っ張ってみましたが、はずれません。あまり思い切りやると怖いからやらない。

自分でベルト交換した感想

G-Shock 交換 ベルト 【互換品】

時間的には40分くらいかかりました。外すときも、取り付け時も手間取りました。じっくりやれば誰でも交換できると思います。放置していた時計が880円で復活したのは嬉しいですね。これを機に時計にかぎらず、自分で修理や交換できるものはチャレンジしてみたいと思いました。

スポンサーリンク

DW-5600

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください