2020年ワークマン おすすめTシャツ2種 「DRY BEYOND」「放熱冷感」

おすすめTシャツ

ワークマンTシャツを2種類、実際に購入して使いましたので紹介します。

DRY BEYOND(ドライビヨンド) ラグラン2枚組 半袖Tシャツ

2枚組で980円(税込み)1枚あたり490円です。サイズは3Lまで 素材はポリエステル100%
特徴は2点です。

DRY BEYOND(ドライビヨンド) ラグラン2枚組 半袖Tシャツ

吸汗速乾

吸汗速乾糸 DRY BEYOND(ドライビヨンド)使用で水分を素早く吸収、拡散してドライな着心地

ラグラン袖

肩の動きを阻害しないラグラン袖使用
ラグラン袖とは?

袖が襟ぐりまで切れ目なく続いており、鎖骨から腋窩にかけて斜めに縫い目が見られることが特徴となっている。スポーツウェアやトレーニングウェアに広く用いられている。




DRY BEYOND(ドライビヨンド) ラグラン2枚組 半袖Tシャツ

着用した感想

常にサラっとしている事を感じる。寝る時に着て朝起きてシャツを確認すると臭い少ないしさっぱりしている。洗濯してもすぐ乾く。素材的に何度選択してもヨレたりしないと思う。ゆったりとした着心地で部屋着やウォーキングなどに最適かなと思う。

ラグラン 半袖Tシャツ

放熱冷感半袖Tシャツ

価格が1枚499円 サイズは5Lまで。 素材/表:ポリエステル100%(CYCLE DRY®) 裏:ナイロン100%(DEEP ICE®)
特徴は3点あります。

放熱冷感Tシャツ

放熱性

通常の綿混生地より約10%高い、放熱率89.8%を実現。放熱性の高いCYCLE DRY糸を採用。体の熱を素早く放出し、空気を効率よく循環させることで、発汗を抑えウエア内を涼しく快適に保つ。

接触冷感性

肌面に熱伝導性の高いDEEP ICE糸を使用することで、袖を通した瞬間に、ひんやり涼しい着心地感。

吸水速乾性

繊維の異型断面構あ造が汗を素早く吸水し、表生地に発散するので、ベタつきのない爽やかな着心地




放熱冷感半袖Tシャツ

着用した感想

最初に紹介したドライビヨンドTシャツより、繊維が細かく裏表の生地が違うので丁寧なつくりに感じます。ユニクロのエアリズムとくらべるとしっかりとした生地です。着るとひんやり感を感じます。透け感があり下着のような感じもするのでインナーとして着たほうがいいかなと思いました。

放熱冷感 試着

まとめ

2種とも価格が同じですし、どちらもおすすめですが、個人的にはドライビヨンドTシャツの方が着心地がいいと感じました。白2枚、ネイビー2枚を持っています。毎日、下着&部屋着みたいな感じできています。とにかく両方ともすぐ乾くのが良いですよね。夏場は綿よりポリエステル素材のシャツがやっぱりいいですよね。

Tシャツ比較
↓ YouTube登録はコチラ

関連記事(一部広告含む)



スポンサーリンク

おすすめTシャツ