バターコーヒーセット
スポンサーリンク

バターコーヒーセット

バターコーヒー用に購入した理由

最近、ダイエットも兼ねて、昼食にバターコーヒーを飲んでいます。始めは、材料を入れてスプーンでかき混ぜていただけなのですが、しっかりと攪拌したほうが、美味しいし、吸収もよさそうなのでかき混ぜる道具を買うことにしました。

スポンサーリンク

バターコーヒーに使う材料

グラスフェットバター

牧草だけ食べて育った牛のミルクのバターです。無塩のバターを使いましょう。


グラスフェッドバター 1kg ニュージーランド産 無塩 無添加 バター Westgold

MCTオイル

成分の大部分を中鎖脂肪酸が占めるオイルです。下記のブランド「coco」の商品は蒸留製法により、ココナッツオイルから中鎖脂肪酸部分のみを抽出して化学的製造工程や添加物などを使わないナチュラル製法ですのでオススメです。

MCTオイル 360g ココナッツ由来100%

生クリーム(動物性)

添加物の入っていない純生クリームのタカナシがおすすめです。
→ Amazonで買える生クリーム

ドリップコーヒー

私はこのコーヒーを飲んでいます。安くて旨い


【Amazon.co.jp限定】UCC 職人の珈琲 ドリップコーヒー 深いコクのスペシャルブレンド 120杯

スポンサーリンク

ミルク泡立て器

「1 BY ONE」というブランドのミルク泡立て器を買いました。理由が一番安かったからです。電池式で電池も同梱されています。パワフルな動きで何も問題ありません。スタンドがあると水で先端を流して置いておくだけなのでラクです。価格はAmazonで1,380円です。


ミルク泡立て器 1byone ハンドヘルド 電動牛乳 泡立て器 単3形電池2本付属 ミルクフォーマー 卵 コーヒー ミルク ミニコーヒー攪拌機 ステンレス製 スタンド付き

ミルクピッチャー

最初にミルク泡立て器だけ買ってマグカップでかき混ぜたら、器が小さいので溢れてこぼれてしまいました。その後、ボールにコーヒーを移し替えてかき混ぜてましたが面倒なのでミルクピッチャーを購入しました。ミルクだけ泡立てるなら小さい容量でいいと思いますが、コーヒ-ごとかき混ぜるので容量が多い600mlにしました。ペットボトルの500mlと比べてしまうので届いたら小さく感じます。横幅があるのでそう見えるのでしょう。ブランドは「LIONGRI ]購入した理由は一番安かったからです。購入時Amazonで1,499円でした。かき混ぜてみましたが、溢れることもなく問題ありません。満足です。


LIONGRI ミルクジャグ ステンレス製 ミルクピッチャー ステンレススチール (600ML)

最後に

泡立て器で作ったコーヒー

ミルク泡立て器は卵の黄身をかき混ぜる事もできるので便利です。ミルクピッチャーは本来の使い方どおりミルクを泡立ててコーヒーにいれると珈琲屋さんで飲むような美味しいカフェオレが作れます。家にあると生活が豊かになりそうな2品でした。

↓ YouTube登録はコチラ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事