iOS7バッテリーの消費が早いよね、長持ちさせる設定方法
スポンサーリンク

iOS7にアップデート後、バッテリーの消耗が激しくなった!

iOS7にアップデートしました。
そんなに変化はないんですが、新鮮な気分ですね。
しかしバッテリーの減りがすごい早くなりました。

毎日、午前中に移動しながら「radiko」でラジオを聴いているんですが、以前は、朝100%の状態で
11時ぐらいま再生しっぱなしだと、充電残量60%~70%だったんですよ。
iOS7にしてから残量は40%になってしまいました。

ということでバッテリーを長持ちさせるための設定をおこないました。

1 壁紙を静止画にする

ioS7は、ダイナミック壁紙という動く壁紙が、標準でインストールされています。
最初は、物めずらしさで動く壁紙に設定しましたが、節約のため静止画にしましした。

設定→壁紙

壁紙を静止画

2 不必要な位置情報をオフにする

位置情報サービスは、バツテリーを多く消費します。
地図、天気、路線情報など以外はあまり使用しないのでオフにしました。

設定→プライバシー→位置情報サービス

位置サービスはオフ

3 Wi-Fiをオフにする

Wi-Fiが有効になっていると、電波を探すためバッテリーを消費します。
私の場合、自宅以外は、Wi-Fiをあまり使わないので外出時にオフにすることにしました。
iOS7では、コントロールセンターで簡単に切替設定ができるので便利です。

設定→Wi-Fi

Wi-Fiをオフ

4 Spotlight検索は、必要な項目だけ選ぶ

iPhone内を検索してくれる機能ですが、データベース作成にバッテリーが消費されてしまいます。
アプリなど検索するほどでもないし、連絡先以外は必要ないかと思います。

設定→一般→Spotlight検索

Spotlight検索

 

予備バッテリーは必需品

以上の設定で少しは消費が改善されました。
1日中使用するなら、スマホユーザーは、予備バッテリーが必要ですよね。
1年間使い続けたバッテリーが寿命で使えなくなったので、今は、2個目で下記のバッテリーを使っています。

cheero Powerbox White

 

↓ YouTube登録はコチラ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事