「タイラント ―独裁国家―」 僕の家族は独裁者 実家に里帰りしたら・・・

タイラント ―独裁国家―」どうやら面白いドラマ見つけたかもしれません。

あらすじ

中東にあるアブディンという独裁国家の大統領一家の物語である。自らの選択でアメリカに渡った大統領の次男が、20年ぶりにアメリカの家族を連れて母国へ帰郷し一家の現実に直面する。

1話~3話までの感想

今までにない設定ですね、「自分の家族は独裁者だった」、それだけで見たくなりますね。
主人公は次男で20年前に国を出てアメリカで医者になり結婚して妻と子供がいる。
甥の結婚式の為、20年ぶりに独裁国家の国に里帰りする。
なぜ今さら帰るのか?家出した人が家族と和解したい気持ちなのでしょうかね。

行きの飛行機はチケットを取ったのに飛行機はお父さんの手配で貸切にされていた。
それでも主人公は自分が手配したエコノミークラスに座った。
大統領の豪邸にも宿泊せず庶民的なホテルで滞在する。

よほど父のやり方や国が嫌いなんだなと思う。
長男の兄は高級なスポーツカーを乗り回し、女性に乱暴し好き放題なドラ息子
父の死によりバカ息子が大統領になることなりましたやはり来るべきではなかったと思ったのか
用事も済んだので脱げだすように帰国しようとしたりする。
主人公は自ら国にしばらく滞在して、大統領である兄の補佐をするというのです。
どういう心境なのかイマイチわかりませんね。

主人公の子供の頃の衝撃的なエピソードが描かれます。
その出来事がポイントなんでしょうね。
兄はあんなマフィアみたいな奴ですが、実は根本的に子供の頃と変わっていない。
実は弟がすごい奴なんじゃないかと。
そんな事を第3話で思いました。

今後どうなっていくんでしょうかね~楽しみです。
2016年1月14日時点でhuluで毎週木曜日新エピソードが追加されています。

スポンサーリンク

Tyrant

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。