映画「イニシエーション・ラブ」原作を読んでから観た感想(ネタバレ無し)

「必ず2回読みたくなる」のキャッチフレーズで有名な小説「イニシエーション・ラブ
原作を読んだあとに上映中の映画を観にいきました。

過去記事→
やっべぇぞ!やべぇ~ぞ!「必ず2回読みたくなる」イニシエーション・ラブを4倍楽しむ方法

小説を読むと、どうやって映像化するんだろうと疑問が出てきます。
開始1秒でその疑問は解けます。なるほどね~ 映画ならではの手法かもしれませんね。

ストーリーは、原作とかわらず進んでいきます。秘密をわかってみてるわけですが
俺はしってるぜ~と心の中でニヤニヤしながら楽しめます。

スポンサーリンク

後は、80年代が舞台ですから、ファッション、車、音楽など懐かしくみれますね。
ラストだけ原作と内容が違います。
映画なので誰でもわかるようにした感じですね。
小説のラストのほうが、スマートでおしゃれな終り方だとは思います。

小説を読んでから映画はアリかとおもいますが、
映画を読んでから原作は面白くないと思います。

小説を知らずに映画をみたらどう思うのだろうと考えましたが、やはり騙されるかなと思います。

スポンサーリンク

恋人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください