iPhoneアプリを間違って削除しないようにする設定方法

アプリ削除

先日、iPhoneをズボンのお尻のポケットに入れて移動をしていたところ、
長押しの誤操作でアプリが消去されてしまいました。

ホーム画面にブックマークしていたログインページと地図アプリの2つが消えていました。
ブックマークサイトは思い出して復活、地図アプリは再ダウンロードしたのですが、
よく行く場所を細かくブックマークして細かくファルダ分けしていたのですが、
データは消えてしまいました。

このような事がおきないようにアプリが削除されない設定を行いました。

iPhoneアプリを間違って削除しないようにする設定方法

■ 手順1  設定で一般を選択

一般設定

■ 手順2 機能制限を選択

機能制限

 

■ 手順3 App削除をOFF(左にスライド)する

Appの削除

以上の作業でアプリを長押しても、×の表示もなくなり間違って削除する心配はありません。

スポンサーリンク

アプリ削除

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください